M&AとはMergers and Acquisitions(合併と買収)の略です。

要するにある企業を必要としている企業に売却することを指します。これは企業同士であれば吸収合併や新設合併をしたり、株式会社であれば株式譲渡、新株引受、第三者割当増資、株式交換などの手段を通じた買収を行うことです。

現金で買うというのはないのかというと、なくはないですが、理論上買収になりません。といいますのは、そもそも株式会社の場合、最高意思決定機関が株主総会となります。株主総会では役員を決定したりしますから(会社法329条1項)、株式を持っていないと株主総会に出れないので、役員を決めることができません。役員を決めることができないと例えば現金で会社を買ってもその会社の経営をするために自分が取締役になりたくても選ぶことができないため、理論上株の移動を伴わない買収は、いわゆる買収とは言いません。

となると、株式会社にならないと買収できないように思えますが、株式会社を買う場合には株の変動が必要なだけですので、タイトルにあるようにフリーランスを買収する場合には当然株式などありませんから、現金での買収がメインとなります。

なんのためにするか。これは例えばあるデザイナーさんがフリーランスでいらっしゃるとしてこの方の顧客入るわけです。またデザインのノウハウもあるわけです。細かく言うと事務所を持っている、ロゴがある、さらに言うとメールなどのドメインやホームページなんかもある、これを丸ごと若しくは部分的に企業に売却するのです。フリーランス同士だと資本提携という形かもしれませんがそれも可能です。

著作権を始めとする権利関係も買主に帰属させることにもなるし、特許などがある場合にはこれを売却する以上移転手続きが必要なものもあります。

これをフリーランスのM&Aと定義します。

協力して今後事業をやっていくのか、それとも丸々売ってしまうのかは状況によりけりですが、最近はこういったご相談も多いです。

当事務所にご依頼いただきましたら、権利関係の変更手続き(他士業での制限のないものに限る)、売却先のリサーチ、マッチングさらに売却事業の選定、売却契約書作成、アフターフォローと最後まで御社に寄り添い力を尽くします。

南本町行政書士事務所