企業法務とは「企業の活動に伴い発生する法的な業務」を指します。

行政書士による法務顧問は具体的な業務として 「行政手続き手引き」「法務相談」「契約業務」「取引同席対応」「株主総会や取締役会の事務局」「コンプライアンスなど内部統制の事務局」「M&A」「著作権や知的資産(ノウハウやアイデア、人材育成ノウハウ)の保護」「知的財産権の活用事業戦略」 これらに関する法的支援などが挙げられます。
法的なリスクマネジメントの分野では、予め様々な法的問題を想定し法務リスクの発生を事前に防ぐ「予防法務」なども挙げられます。

現代において、企業がかかえる法的トラブルは尽きることがないといえます。身近な例を挙げるなら、取引先と契約を結ぶにあたり契約書にリスクや不備がないか不安などなど。
外部からやってくる問題はもちろん、内部では従業員の勤務態度改善や、取引先からのこの問い合わせに答えると個人情報保護に違反しないかなどなど。端的に述べるなら、企業への法務トラブルは恒常的に発生します。 

それでは企業法務が持つ役割とメリットとはどのようなものなのでしょうか。

リスク提示と排除

恒常的に許認可申請や更新、契約がからむ場合、その都度、調べる、専門家を探す手間はかなりのものです。当事務所では、経験豊富な専門家による許認可や権利義務関連の法的な助言をいつでも受けることができます。