Visa to come to Japan.Create a business contract.Process quickly.

リーガルチェック(お手元の契約書の有効性の確認)

契約書を交わす前に持ち帰り、その有効性を吟味する、契約を締結する前に専門家の意見を聞くことで、不利な立場に立たされることは圧倒的に少なくなります。

現在は、契約書などの雛形が無料で提供されていたりと、自分で作成することも可能な時代です。

ある程度作成はしたもののこれでよいのか、といったご相談は非常に多いです。リーガルチェックが特に必要な文書は、有利不利に気がつかないタイプのものです。当事務所に多いご依頼でいうと、業務委託契約書関連、被害、権利行使に関する契約書です。

例えば、web製作秘密保持契約書、セミナー講師業務委託契約書、交通事故示談書、養育費請求、著作権ライセンスに関する契約書、保険関係、NDA契約書、OEM関連契約書、請負に関する契約書、フランチャイズ契約書などです。

当事務所へのご相談で多いのが独禁法違反の文言がある契約書を締結されたケース、または提示された契約書が独禁法違反、特に拘束取引に当たると思われるケースです。これは価格の維持や販売方法や販売地域を限定して卸すといったケースで散見されます。

また、下請法違反、商標法違反、景品表示法違反による契約など、現在すでに締結されている契約を、何だか不利だとお感じになられて当事務所に相談に来られるケースもあります。

そのため、契約締結前に、法律の知識を有する者に契約書をチェックしてもらうこと(リーガルチェック)が、自己防衛のためには重要です。

もちろん、既に締結した契約であれば、撤回あるいは契約書を修正してもらうための要望書としてリーガルチェックを受けられる方もいらっしゃいます。

法律の知識を有する第三者がチェックした結果、今まで見えてこなかったリスクや不利な点、矛盾、不備などを指摘されることで、契約書を改善でき、最善の契約を相手方と締結することができます。

当事務所では、ご依頼者様のご要望、言いたい事を法的に解釈し、盛り込んだ内容でかつ法的に通用する文書になるよう、入念なヒアリングをもとにリーガルチェックをいたします。

こんな方はご相談ください

〇雛形を利用して契約書などを作成したが、問題ないか心配だ。
〇契約相手から契約書を渡されたが、この内容で契約してもよいか心配だ。
〇法務担当者がおらず、契約書が多くチェックしきれない。
〇不利な契約はしたくない。
〇契約相手から修正要望され、困っている。
〇他の業務との関係で、契約書の内容までチェックできない。
〇きちんとした内容の文書を出したい。

リーガルチェックの流れ

①まず、御状況をお伺い致します。

②ヒアリング、ご要望をお伺いします。

③契約書がどのような意味を持つのか、法的にどこが不利か、また有利か、修正する必要があるところはどこか、それはなぜかとったことまで詳細にお伝えいたします。

④修正をご希望の場合は、その旨をお伝えください。

取扱業務一覧

TEL 06-7878-6344 受付時間11:00~23:00(月~金)
11:00~20:00(土)(完全予約制)全国対応

PAGETOP
Copyright © 南本町行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.