契約書の確認マーク

契約書の現状と注意点

個人事業主になられ、もしくは新たに会社を設立し契約を交わす方、転職により新たに契約を交わす方、契約書を作成する機会が多いかと思います。

ビジネスにおいては、取引先と様々な契約を締結し、多く契約書を交わします。

法律の知識はないから、契約書の作成は難しい・・・。

そんな方もいるかもしれませんが、現在では、契約書のひな形の情報などを紹介してくれているサイトもありますから、それを利用すれば自社で契約書を作成することは可能な時代となっています。

注意点

ひな形を使用することで簡単に契約書を作ることができます。

ただ、その契約書、法律の面で意味を理解し条項を定めていますか。
記載内容に注意しながら作成できていますか。

契約書に書かれているそれぞれの条項には、皆さまを守る重要な意味が含まれています。

例えば、解除や損害賠償条項規定。
解除は契約の拘束から解放されるという意味があります。契約相手の債務の履行(契約内容の実現)が期待できなくなった場面において契約の拘束から解放されるという重要な規定です。
損害賠償は被った損害を相手方に賠償してもらうという意味があります。契約相手が債務の履行をしてくれなかったことで、業務に支障を来たし損害が発生した場合においてその損害を賠償してもらうという重要な規定です。

トラブルが万が一発生した場合、契約書に記載がなければ、不利益を被る可能性があります。

契約書の作成・確認のポイント

皆さんを驚かせてしまったかもしれませんが、契約書を作成するうえで、ポイントを押さえることができれば、契約のリスクは回避できます。

したがって、基本的にひな形を用いた契約書を作ったとしても問題はありません。

契約書の条項に気を付ける必要があるということです。

チェックポイント

以下では最低限抑えるべきポイントをご紹介いたします(チェックポイント)。

  1. どんな契約をしているのかを明確にする
    売買契約なのか、請負契約なのか、委任契約なのか、をはっきりさせる。
  2. 適用される法律、過去の判例などを確認し整合性をとる
    作成した契約書が法律、判例に反していたりすると、場合によっては契約書そのものや一部の条項が無効になったりします。
    また、許認可などが必要にもかかわらず、それを取得していなかったりすると罰則がある場合があります。
  3. トラブルを想定しておく
    ビジネスにトラブルはつきものです。予期しないことが発生したときに被害を最小限度に抑えることができるように契約書を作成しておくことが必要です。
    例えば解除条項や損害賠償条項です。
  4. 対策を考えておく
    3をより具体的な文言として契約書に落とし込みます。
  5. 自社の希望が入っているか確認する
    どのように業務を遂行してもらう、してほしいのか。報酬の金額、支払い方、秘密保持など自社の希望も契約書に盛り込まなければなりません。
  6. 不利な条項について確認しておく
    契約期間の長短などが該当するでしょう。

契約書を作成するだけでなく、その内容も確認しなければ、実際に起こりうるリスクに対応できなくなってしまいます。

また、法律は改正などがありますから、時代にあったものを作成しなければなりません。
ひな形では法改正に対応できていないものも少なからずあります。

ビジネスに挑む男性の画像

契約書のリーガルチェック

契約は当事者の意思の合致で成立します。当事者の意思の合致を証明する目的で作成される文書が契約書です。

ひな形を使用した契約書であっても、上記の抑えるべきポイントをおさえていれば、一般的に通用できる契約書になるかと思います。

ただ、「一般的に」です。
契約の内容は人それぞれでありますから、その場面場面で、条件は変わってきます。
想定されるトラブル、リスク、対策、要望、不利な条項は変わってきます。

ケースをしっかりをさせることが重要です。

法律知識の重要性

契約目的、内容に適した契約書を作成するためには法律知識(民法や関連する法律、判例などの知識)が必要となります。
そのために社内に法務専門部門(法務部)などを設けている会社や弁護士さんなどの法律家・法律事務所と顧問契約を締結している方もいらっしゃるかと思います。

契約書は作成時に法務確認・リーガルチェック(専門家による事前の契約書確認)で契約内容に不備がないかを確認してもらうことが大切です。

専門家による迅速な法務確認

契約書の確認についての重要性についてお分かりいただけましたでしょうか。
自社のリスクを回避するため、不利益を被らないため、利益を実現するためにさまざまな視点から契約書を確認することが要求されます。

じっくりと、ゆっくりと契約の条項を確認しながら契約書を作成することができればよいのですが、ビジネス(経済活動)においては迅速性が求められます。
契約書を提示してから、されてから何日もそのままということは考えられません。

そんな時間をかけることができない契約書の作成、確認を専門家に任せることによってリスクを回避しつつ、時間短縮をすることができます。

リーガルチェックの必要性

リーガルチェックとは契約書の内容を専門家に確認してもらうことです。

契約書を作成し、その内容を確認することが必要であることは上記のとおりですが、契約書の内容を専門家に確認してもらうことは重要といえます。

  1. 法律、判例をおさえた契約書でないと、契約書としての意味をなさなくなる
  2. 自社に不利益な内容を知らずに契約を締結してしまう。
  3. 法律、判例に沿った、契約を作成できていないと取引先と契約書の内容についてやり取りに時間がかかり、取引先から信用されにくくなる

専門家でないと契約書の作成に時間がかかり、このようなデメリットが生じてしまう可能性があります。

    当事務所に依頼するメリット

    契約書をリーガルチェックしてもらいたいとお考えの方、契約法務・企業法務のプロが、迅速丁寧かつ緻密な分析のもと、お持ちの契約書を確認いたします。

    1. 権利関係を的確に把握した理想的な契約書に仕上げます
    2. 過不足ない契約書に仕上げ、取引先の信用を向上させます
    3. 自社に一方的に不利となる条項がある契約書の締結を回避します
    4. 双方が納得して合意できるよう、相手方に対する修正提案をご案内いたします

    リーガルチェックの専門家

    専門家の視点で、ご依頼者様の業務内容に合わせ、最高裁判例、関連法令を駆使した最高品質のリーガルサービスをご提供いたします。

    未然に問題点を発見し、危険を防ぎ、負担を軽減いたします。

    専門家に最初から依頼することでお悩みは解決できます。
    空いた時間は他のことに使っていただけます。クオリティの高いサービスをお求めの際には是非お求めください。

    当事務所は皆さまが迅速にビジネス(経済活動)ができるよう、妨げが生じることがないよう心掛けております。

    納品までに要する日数

    通常納品は即日から2日以内に行います。

    ただし、繁忙期などにはお時間をいただく場合がございます。

    修正にご納得いただくまで追加料金はいただきません。

    リーガルチェックの種類

    経営者様、個人事業主様、中小企業の業務委託契約書まで幅広く法務確認(リーガルチェック)を丁寧、迅速に行います。
    また、WEBサイト、引用文章などの法的なチェックも行います。

    一例として、業務委託、誓約書、NDA契約、OEM関連、賃貸借、投資契約、美容関連、オンラインサロン規約、ECサイト利用規約、ブランド品売買、歯科医のインプラント同意書、金銭消費貸借、DNAR同意書、著作権ライセンス契約、DTP制作、商標売買、事業譲渡契約書、OTA旅行関連契約、スポンサー契約などを受任しています。

    契約書のことは当事務所へ

    後から問題とならないように契約書を有利かつ不公平感のないものに仕上げます。

    迅速性をお求めの方はぜひご依頼ください。

    リーガルチェック(法務確認)だけでなく、契約書の作成も行っております。

    契約書をさらに簡潔なものにしたい場合は、コチラのサービスもご検討ください。

    直近の実績から抜粋

    1. 太陽光発電設置契約、
    2. レベニューシェア形態にかかる契約、
    3. 事業投資ロイヤリティ契約、
    4. OEM契約、
    5. 歯科医のインプラント同意書、
    6. 講演家(セミナー講師)の業務委託契約、
    7. デザイナー、WEBホームページ制作、コンサルタントなどのフリーランス、ベンチャー企業様の業務委託契約、
    8. ホテル事業売却契約書、
    9. 事業のコンサルティング契約書、
    10. 調剤薬局のフランチャイズ契約、
    11. 健康食品の販売契約、
    12. 著作権貸与によるロイヤリティの取り決め、
    13. ECサイト利用規約(経営コンサルタント、マーケター系)、
    14. 海外進出に伴うECサイト利用規約(ベトナム法と日本法、及び条約に関するリーガルチェック)、
    15. 営業業務請負契約(不動産売買)、
    16. コンビニエンスストアフランチャイズ契約、
    17. 学習塾フランチャイズ契約、
    18. 飲食店店舗経営業務委託契約、
    19. 漫画家、イラストレーター、デザイナー、YouTube動画出演契約書など。数多くの種類の契約書に携わってきました。

    サービスご依頼の流れ

    1.まずは、リーガルチェックを希望される文書を添付してください。 契約書の枚数が多い場合や珍しいタイプの契約にも対応しています。お気軽にご相談ください。

    2.リーガルチェック(LC)を当事務所が行います。

    ※概ね長くても1日か2日いただきましたら、完成します。

    ※簡易な契約書であれば表示価格でご依頼いただけますが、枚数や業種によっては金額が変動することがあります。

    ※ワード形式でいただけましたら当事務所が直接修正し、今どのような状態で、なぜ修正の必要があるのかといったご説明も致します。

    ※納期までに何度か原案をお出しすることがあります。これでよいとなるまで再修正などは何度でも行います。

    契約書の作成についての画像

    ご依頼にあたってのお願い

    ご依頼にあたっては内容を充実させるため以下の項目を可能な限りお答えください。

    またリーガルチェックが必要な文書をメールで添付してお送りください。

    リーガルチェックはご要望を伺いながら進めていきます。当事務所から最初に第一納品をさせていただいたものは完成品ではなく、場合によっては何度かやりとりしながら完成することもあります。あらかじめご了承ください。

    1.依頼者様のお立場(発注側、発注された側、被害者側、加害者側、請求する側、された側など、甲、乙とあればどちらか、依頼様とお相手方との関係でお答えください)

    2.特に気になる点、重点的に見てほしい箇所(依頼者様にとって不利になっていると思われる点、又は不利になるかもしれないと思われているポイント)

    3.添付いただきました契約書、又は見てほしい書類を作成した方または関与した方は甲か乙のいずれかまたは第三者(専門家など)か。

    4.御社または依頼者様のサービス内容、被害内容等

    5.依頼者様の権利主張は強めがご希望ですか?バランス重視ですか?

    6.ご希望の納期 追加質問がありましたら、改めてご質問させていただきます。

    契約書にさらなる安心を

    完成した文書にもっと安心を「契約時同席サービス」もご用意しております。

    企業法務関連

    契約書の作成、法務チェック、リーガルチェック

    許認可関連

    建設、風営、ビジネスに必要な許認可

    ビザ 帰化 再帰化

    ビザ、帰化、再帰化、国籍

    相続 遺言関連

    遺言、相続、書類作成

    マーケティング

    企業マーケティング、分析

    著作権 商標権関連

    著作権、商標権、権利