南本町行政書士事務所(Minamihonmachi Administration Office)

大阪府大阪市 中央区 心斎橋の行政書士事務所。契約書作成・リーガルレビュー、帰化、国際結婚、許認可のことなら当事務所へ

「暮らしと法律」の記事一覧

警告文を送ると恐喝罪?

例えば契約書を交わし、そこに契約違反があれば損害賠償100万円と書いていたとします。 実際に契約違反があったので、損害賠償100万円を請求しました。それを払ってくれない場合、どうされますか? 家に行き、ドアをどんどん叩く […]

契約したけれど入金がないケース

あなたが何かの契約をしたとします。そうですね。あなたはサービスを「提供する側」とします。 あなたはお客様と契約書を交わしました。そこには、本契約締結後、7日以内に下記口座に振込にて支払うなどと書いていたとします。 しかし […]

契約書に署名しないとどうなるか?

クラウドサイン等でない、紙の契約書の署名欄に署名を直筆でせず、パソコンで打っただけで、かつ印鑑を押さないということになると、契約書としてサインしていませんと言えば、それはそうかもしれません。 つまり後からサインしたしてい […]

保育園問題

保育園に子供預ける場合、保育業務委託契約、保育契約ということになります。通常の小学校や中学校とは異なり、教育的側面というより、より生活面でのしつけ面を重視した契約内容ということが必要になります。 これよりもっと重要なのが […]

占いの契約上の義務

占いサービスについて契約書を交わすことはありませんが、あえて占いを契約の観点から分析してみますと、いろいろ面白いことがわかります。 例えば、占いというのは未来予知ち性格分析という側面があります。前者であった場合、未来を予 […]

副業ビジネスと手付金

キットを最初に購入し、その後仕事を斡旋してくれるというものですが、仕事の斡旋を保証することなどできるのでしょうか? 働こうと思っている状態でその人にスキルがないのでそのスキルを覚える、ということは大いにあり得ます。 ただ […]

推定無罪

犯罪の嫌疑があり、警察に逮捕された場合、それは、ちょっとこの事件のことを聞きたいので、調べさせてくださいという形の話であり、その人はその事件の犯人ですよ、だから裁いて刑を確定させるのですよという意味ではない。これは推定無 […]

契約書と同意書の違い

契約書は契約内容を決めるもの、同意書は同意内容を決めるものということになります。 例えば、ビジネス文書でしたら、前者、それ以外にも使えるので後者ということになります。 契約内容といいますのは、売買契約であれば、数量や料金 […]

事業譲渡、事業承継の契約書

例えば、サイト、例えば、店舗と事業一式を譲渡するタイプの契約があります。この場合、売却する対象となるもの(店舗でしたら、お店にあるテーブル、カトラリー、広告、ホームページやsnsアカウントなど)をお決めいただいてこれらに […]

遺言執行者を指定する理由

相続、遺言の話をよく伺うようになりました。当事務所ももちろんできますが、専門的に取り扱っていないのにもかかわらず、当事務所への相続、遺言の書き方のご相談を、お電話での簡単なご相談も含めますと、結構な数になります。 さて、 […]