南本町行政書士事務所

大阪市中央区 法務、心理分析型マーケティング 守りに強い契約書作成 リーガルチェック(契約の有効性の確認) 知的資産経営報告書作成 法人 M&A 民法改正対応 2020年 2021年 令和2年 講師経験者である実務家による行政書士試験個別指導

「暮らしと法律」の記事一覧

速さの違いに関する言葉

法律には、「直ちに」「速やかに」「遅滞なく」という言葉が使われていることがあります。いずれも時間的な緊急度を表す用語ですが、緊急度の度合いはどのように違うのでしょうか。 これらの「一般的」な意味としては、「直ちに」:時間 […]

誰が根拠を示すか

民法では、その事実が証明されることによって利益を得るものが証明責任を負うのが原則です。刑法では、検察官が挙証責任を負っています。 では、誰かを批判する人はどうでしょうか。この点、私は批判する人が根拠を示すべきだと思います […]

新民法と暮らし

新民法が施行されて、1カ月が経過しました。どうでしょう、日々の暮らしをする中で特に変わった感じることはありましたか。法律関係のお仕事をなされている方・法律の勉強をしている方は、大変だ、と感じる方もおられるとは思いますが、 […]

改正民法の解説㊴約款の取り扱い

旧法下では約款についての取り決めがなかった。約款とはスポーツジムなどにいくとある申込書、これにある決まりを示したものである。ほぼ契約書と同義ではあるがこれについては規定がなかった。 現在はインターネットを通じた簡易な決済 […]