食品を買う際、皆さんは賞味期限を確認して買われると思います。
すべてといっていいほど賞味期限ないしは消費期限が記載されています。

ただ、賞味期限が不要な食品があります。
それはアイスクリームです。
これは、アイスクリームは-18℃以下という温度できちんと管理をしていれば、菌の繁殖が抑えられ劣化が低いと考えられているためです。

実際に確認してみると、アイスクリームのパッケージのどこにも賞味期限は書かれていません。

ただ、アイスクリームを製造している会社には、よく賞味期限はどこに書いてあるの?書いてない不良品を売るな、という電話が良くあるそうです。

そのため、今年の1月、明治がアイスクリームに賞味期限を表示すると発表しました。
6月より順次展開するとのことだったので、スーパーを覗くと確かに明治のアイスクリームに賞味期限が書かれていました。

今後は、アイスクリームに割引シールが貼られる日が来るのでしょうか。
きちんと管理・保存されているものであれば食べられるものが捨てられる日が来てしまうかもしれません。
フードロス問題が叫ばれる中、明治さんは難しい選択をしたことになりますね。

皆さんも、アイスクリームに賞味期限が記載され始めているので確認してみてください。

大野