〇再建計画の策定

中小企業、フリーランス、個人事業主の現在の経営上の問題点を洗い出し、極力ご希望に沿った形での経営の立て直しを図るための事業計画書の作成をいたします。

中小企業様向けのリーガルリスク、経営リスク管理の専門家による現実的な路線での計画策定を行います。詳細はお問い合わせください。

〇介護施設を要する企業様のブランディング戦略として、その会社の「まだ世の中に知られていない極めて良質な人的、物的資源、サービス資源」をより多くの方に知っていただくための「知的資産経営報告書」「地域資源活用計画策定」「マーケティング」に着手しました。

従来の、DNAR同意書のブラッシュアップ、遺言書作成、介護施設の設立許認可のお手続きに留まらない経営体質の抜本的な改革を行います。

〇介護施設様の入居者様のご家族からのご相談をもとに新しい形の遺言書の作成ができないかと考え、企画しました。

新しい遺言書の形「REKISHI」です。遺言書作成をお考えの方は是非ご相談ください。

〇ホテル事業でのマーケティングサジェスチョンを開始しました。

〇2021年度合格目標行政書士試験個別指導 第3期生 生徒募集

行政書士試験個別対策専用ページ

○雇用契約書、派遣契約書の精査、法的なチェックを致します。ご自身と勤務先との今後の契約の流れにあたって、何が有利で何が不利かということを今の時点で知っておくことは有益であると考えております。
コロナの影響により雇止め、リストラにあった方々のご相談が急増しています。中でも、弁護士、ハローワークへの相談前にそもそもの契約書が有効なものか、労働者側に不利に扱われていないか、会社側は本当に雇止め、リストラをすることが出来るのかといった内容をお持ちの契約書を精査し回答いたします。これにより、仮に今回雇止め、リストラに遭われた場合であっても次の勤務先では契約書の中でご自身に有利、不利に働く部分が見えてくると思います。

コロナの影響は計り知れず状況は極めて厳しいですが、今後の動き方の指針にするためにもぜひ一度専門家によるリーガルチェックを受けてみてください。
雇用契約書、派遣契約書リーガルチェック特設ページ

○2020年に生じた新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、既存のホテル事業者の方々からの事業譲渡や物件売却のご相談が増加しています。

当事務所では、ホテル事業の譲渡・ホテル物件の売却をご希望されるお客様と、その買収をご希望されるお客様双方に対して、様々なM&A関連サービスをご提供させていただいております。

事業譲渡・M&A案件特設ページをご覧ください。

○会社法改正を受けて情報をまとめました。是非ご活用ください。改正会社法ページ

○契約書実務講座オンライン2020を行います。法律関連の職種では必ず問題となる契約書作成、リーガルチェック業務です。実務家にとって基本中の基本であるがゆえに奥が深く、完全なひな形は存在しないため重厚な法律知識、運用能力を有するのは当然として、各業界の慣習や相場なども頭に入れつつ契約書を作成しなければクライアント目線の満足のいく書類作成となりません。そこで本講座では豊富な契約書作成にまつわる法律知識を有する実務家講師が直接オンラインで一対1のマンツーマンレッスンを行い、ヒアリングをしながらあなたの実務能力向上に寄与します。

実務家、企業の法務部の方、開業予定の方を対象に実務的な目線で、どこに気を付けてどのように作成すればよいのか、契約書作成、リーガルチェック業務の講義を行います。

講座内容につきましては、以下をご覧ください。今回の募集は10名です。先着順となりますので、予定人数に達しましたら受付を終了させていただきます。契約書作成実務講義

○2020年4月に新たな民法が施行され、従来の瑕疵担保責任は契約不適合責任となりました。

従来の瑕疵担保責任に対する免責、回避規定を旧法で使用したままですと、効力を生じないことがあります。

そのため、従来の責任回避に関する考え方では契約責任を問われる、契約を解除される可能性があります。

そこで、御社の契約不適合責任回避スキームを構築して経営上のリスク管理を行います。