Visa to come to Japan.Create a business contract.Process quickly.

米国ビザ・ESTA登録不可などのご相談(America Visa)

米国へ渡航する場合の手続きについてご説明します。まず、大きくは滞在期間90日以内、90日以上で分けます。そして滞在目的で分けます。

滞在日数滞在目的ビザが必要かESTA登録
90日以内観光不要必要
90日以内観光以外(ビジネス、留学等)必要不要
90日以上観光含むそれ以外(ビジネス、留学等)必要不要

ESTA制度とは

電子渡航認証システム(ELECTRONIC SYSTEM FOR TRAVEL AUTHORIZATION: ESTA)の頭文字をとったものです。
この制度は、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されています。
米国に短期商用・観光等の90日以内の滞在目的で旅行する場合(米国における乗り継ぎ含む)には、査証(ビザ)は免除されていますが、そのかわりに米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければならないものです。

ESTAとは要するにビザの代わりに必要なものということです。ビザを取得するのであればESTAの登録は不要です

ESTA登録

では、ESTAの登録について見ていきましょう。かなり詳細な個人情報を記入することになっています。ESTAを管理する米国国土安全保障省(DHS)によると申請条件は、

1,ビザ免除プログラム(ESTA)の対象国の国民であること(日本は対象国)
2,米国での滞在期間が90日以下
3,渡航目的が観光、商用、もしくは通過
4,有効なICパスポートを所有している
5,往復、または次の目的地までの航空券、乗船券の所持

※ネット上でESTAの登録をします。

※一度の登録で2年有効です。
 2年間で3回渡米したからと言って3回ESTAの登録をするわけではありません。但し、2年以内でもESTAの効力が切れる場合があります。その場合は再登録となります。

※再登録が必要となる場合。
 ●ESTA登録後2年以内にパスポートの有効期限が切れる場合
 ●過去に登録したESTA情報に変更が出た場合
  ・性別の変更
  ・パスポートの新規発行で番号が変わった場合

最悪の場合・・・

例えば犯罪歴があった場合、これはビザを発給してもらうにしてもすんなりとは行きません。

犯罪に関する書面を警察や検察で発行してもらう必要があります。

不起訴事案であっても過去に逮捕歴があるとESTAで逮捕歴ありますかの質問に対して、はいと答えるしかなく、拒否されビザ申請という流れになります。

さらに問題なのはESTA登録時に嘘をつくということです。これはばれない場合もあるようですが、いずればれます。

ESTA登録の情報は残りますから、犯罪歴があるのにないと答えてしまい、ばれると日本は通過出来てもアメリカ現地の税関で止められることもあります。

ばれずに何度も渡米して後からばれた時は場合によっては一生アメリカに入国できないといったこともあります。

当事務所の取り組み

当事務所では、このような案件に積極的に取り組んでいます。

1,ESTA登録を拒否されてしまった。
2,ESTAで虚偽の回答をしてしまった。
3,2011年3月1日以降イラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンへの渡航歴がある(この7か国への渡航歴があるとESTAは拒否されます、これ以前の渡航歴は問題ありません)。
4,過去に逮捕歴がある(逮捕歴があるとESTAは拒否されます)。
5,その他、なかなか人には言えないお悩みがある。

このような場合にはぜひ当事務所にご相談ください。アメリカビザ取得、ESTA登録について適切なアドバイスをさせていただきます。

なお、行政書士は言うまでもなく守秘義務があります。ご相談内容については依頼されなかった場合も含め、たとえお客様のご家族であっても漏らすことはありませんし、他一切外部に漏れることはありません。ご安心ください。

ESTA登録不可となった場合

ESTA登録拒否の事例
・間違えて入力してしまった
 CBP(アメリカ合衆国税関・国境警備局)に訂正依頼することが可能ですが、ビザを取ってくださいと返信されることがほとんどです。

・犯罪歴がある
 逮捕され、不起訴となった場合でも登録は拒否されます

・ 2011年3月以降にイラン、イラク、スーダン、シリアに渡航したことがある方やリビア、ソマリア、イエメンなどに渡航したことがある方

ESTA登録を拒否された方は、ビザの取得に向けて動く必要があります。

非移民ビザ

ESTA登録不可となった場合、90日以内の観光等を目的とした渡米を計画していたのだと思われます。
その場合、次に米国ビザの取得を検討する必要があります。

①Bビザ
☆概要
 短期出張・商用(B-1)、観光・治療(B-2)を目的としてアメリカに短期入国される方を対象としているビザです。

☆渡航目的(米国を源泉とする報酬を受け取ることは認められません)
・商用ビザ(B-1)
 取引先との会合、科学・教育・専門・ビジネス分野の会議への参加、奉仕活動、米国外で生産された機械整備などに付随するサービスの実行を目的とすること。

・観光ビザ(B-2)
 旅行、友人や親族の訪問、治療など娯楽や休養を目的とすること。

☆ビザ発給条件
 移民国籍法(INA)214B条において、Bビザ申請者全員が移民希望者であると仮定していることから、以下を証明することにより仮定を覆す必要があるとされています。
 ∴渡米の目的は観光、商用など一時的なものであること
 ∴限られた期間のみアメリカに滞在する計画であること
 ∴滞在費を賄う資金の証明
 ∴アメリカ国外に居住地があり、社会的・経済的にも強いつながりがあること
 ∴期間終了後、確実に帰国すること

☆注意点
 日本人が渡米する場合、日本はビザ免除国であることから、アメリカへの短期滞在にはビザが原則不要となっています。
 そのため、90日以上の滞在でBビザが必要である理由を証明しなければならないため、ビザの取得が簡単であるということではありません。

すべての申請者に該当する申請書類

英語以外の書類には翻訳が必要となりますのでご注意ください。
・オンライン申請書 DS-160
・現在有効なパスポート
・過去10年間に発行された古いパスポート
・証明写真(5×5cmで6ヶ月以内に撮影した背景白のカラー写真)1枚
 眼鏡を着用した写真は認められませんのでご注意ください。
・面接予約確認書

上記は申請者すべてに該当する申請書類です。ビザの種類によって求められる書類は異なります。

当事務所へのご依頼の流れ

1,お問い合わせいただきましたら、まずは渡米時期、目的、滞在日数、人数など詳細にお伺いします。

2,ESTA登録をまだの方は登録にあたってのアドバイスをさせていただきますが、ESTAの登録自体は米国DHSの設定金額の14ドルをアメリカESTA登録時にクレジット決済してください。当事務所は、通常ご相談料のみでその他特に料金はいただきません。

3,すでにESTA登録をしたが拒否された、保留になっている場合には再登録かビザの取得に向けて動く必要があります。情報の修正をするにはCBPインフォメーションセンターへ問い合わせしなければならず、多くの場合認められず、ビザの取得をするように案内されます。パスポートの有効期限が切れたのでもう一度登録する場合などは認められます。

ビザ取得のご依頼となれば、さっそく申請に必要な書類をご相談しながら作成します。その際に別途必要書類も併せて集めていただきます(当事務所で集めることが出来るものもありますがお客様で集める必要のある書類もあります)。

4,アメリカ大使館での面接があります。ここでは事前に聞かれることをお教えします。シュミレーションが出来ますので、誠実に面接に臨んでください。

5,書類と面接の結果を踏まえ、ビザ発行の許可、不許可が決定します。

※面接からビザが実際に発行されるまでの期間は混み合っているかどうかや渡航目的によるため一概には言えません。前述のF1ビザで1週間で発行されたこともあれば2週間くらいかかったこともあります。

渡米する最低2か月前、できれば3か月前には申請しておきたいところです。いずれにしてもケースバイケースですのでまずはご相談ください。

ただし、当事務所に虚偽の告知をしてそれを前提にビザの申請やESTAの登録を行い、ビザ発行不許可、ESTA登録拒否となった場合は当事務所は責任を負いません。予めご了承ください。

取扱業務一覧

TEL 06-7878-6344 受付時間11:00~23:00(月~金)
11:00~20:00(土)(完全予約制)

PAGETOP
Copyright © 南本町行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.