Visa to come to Japan.Create a business contract.Process quickly.

未成年者の渡航同意書

渡航同意書

 近年は、国際化に伴い日本人が海外で生活し、国際結婚・離婚が増加しています。それに伴い、子供をもう一方の親の同意なく連れ去るなどした問題が発生しています。
 そのため、国境を越えての子供の移動(旅行)には注意が必要です。
 国によっては「未成年者の渡航同意書」を要求している場合があります。「渡航同意書」とは、子供が単独で、または子供と片親ないしは親権者以外と旅行する場合において、 子供が渡航することに関して親権者が同意していることを示す書面です。

渡航同意書の要求

 渡航同意書は、入国審査の際において必ず提出を求められるわけではないですが、審査官より提出を求められた場合において準備ができていないと入国を拒否されたり、親権者に確認が取れるまで長期間保護される可能性があります。
 渡航同意書が必要かどうかは、各国の大使館等の情報で確認が必要となります。
 アメリカやカナダ、イギリスやイタリア・フランスなど、主要国でも渡航同意書の携帯を要求・推奨しています。
 国によっては、各国の大使館が作成した同意書が必要な場合があります。
 さらには公証人認証や外務省認証(アポスティーユ認証)が必要な場合もあります。

渡航同意書とともに

 離婚や死別など親権者が片親のみである場合には、その理由を公的な書類である「戸籍謄本」を用いて入国審査官に証明します。
 日本は、離婚をした場合「単独親権」となることから、戸籍謄本には離婚した父親や母親のどちらか一方が親権者として記載されているためです
 また、子供と親の姓が異なる場合にも戸籍謄本を用いて証明する必要がある場合があります。

あらゆる準備が必要です

 子供が一人で海外に旅行に行く場合、子供と片親のみ・親権者以外の者と旅行に行く場合、いずれの場合であったとしても「渡航同意書」を携行しておくことが無難です。
 また、「戸籍謄本」も携行しておくことが無難でしょう。
 さらに薬を持ち込む必要がある場合には「薬剤携行証明書」を携行しておくことをお勧めします。
 お子様が一人で海外に旅行に行くご予定である、片親のみ・親権者以外の者と旅行に行くご予定がある場合には、「渡航同意書」の作成を当事務所にお問い合わせください。

料金

渡航同意書作成 
 10.000円~

戸籍謄本等の翻訳が必要な場合
 翻訳語によりますので、お気軽にお問い合わせください

取扱業務一覧

TEL 06-7878-6344 受付時間11:00~23:00(月~金)
11:00~20:00(土)(完全予約制)

PAGETOP
Copyright © 南本町行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.