Visa to come to Japan.Create a business contract.Process quickly.

YouTuberの著作権侵害回避

ユーチューバーは今や相当な人数に至っています。様々なユーチューバーが工夫を凝らして動画を投稿しています。ただ動画を投稿する以上、そこに投稿者のオリジナリティが入ることになります。

他方で、誰でも投稿できるといった点が魅力のユーチューブですがそれゆえに、知らない間に人の権利を侵害しているといったこともあり得ます。

例えば、外で撮影した場合に誰かが映り込んだら?肖像権との関係はどうなるか?

また、美術品、看板などを映した場合は?

発言内容が過激になる境目は?

部屋の中で撮影したとして場所が特定出来てしまうと何か問題はないか?

このような場合、再生回数が伸びれば伸びるほど人の目にされされやすく誰かを傷つけやすくなるとも言えます。

そこで、ご自身のあげた動画が誰かに真似られた場合の問題、そしてご自身が動画をあげる際に、他人の肖像権、商標権、著作権等を侵害していないかどうかのアドバイスをさせていただます。

仮にご自身の著作権を誰かに真似られた場合に、どのように対応すればよいか、逆に誰かの権利を侵害していた場合の処理について的確なアドバイスと今後の予防策についてお話しさせていただきます。

取扱業務一覧

TEL 06-7878-6344 受付時間11:00~23:00(月~金)(完全予約制 )
土曜11:00~20:00まで(完全予約制)

PAGETOP
Copyright © 南本町行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.