Visa to come to Japan.Create a business contract.Process quickly.

国際結婚(international marriage)

法律的に夫婦となるには

☆日本人同士の場合(実質的要件も必要です)
  婚姻届を提出し受理されると法律的に夫婦となります。
  提出先は本籍地・住所地(所在地)のいずれかです。

☆日本人と外国人の場合
  婚姻届を出す際に、必要書類が必要となります。
  基本的には、
   ①戸籍謄本
     住民登録をしている役所以外に提出する場合
   ②パスポート
   ③婚姻要件具備証明書

手続きは2パターン

 日本人が外国人と国際結婚する場合、それぞれの国において手続きが必要となります。その手続きには2通りの方法がとれます。

①日本での手続きをメインで行う場合
 まず、日本で必要書類とともに婚姻届を提出し、外国籍の方の在日大使館、領事館へ婚姻届受理証明書を提出する方法です。

②外国での手続きをメインで行う場合
 まず、外国籍の方の結婚手続きを行い(日本でいう婚姻届の提出)、婚姻が成立後に日本の役所または大使館・領事館に婚姻届受理証明書を提出する方法です。

婚姻要件具備証明書とは

 婚姻しようとする者が、自国の法律において婚姻の要件を満たしていることを証明するものです。
 具体的には、独身を証明し、結婚できる条件を備えていることを証明してくれる公的文書となります。
 発行元は外国籍の方の在日大使館、領事館です。
 発行時の必要書類は国々によって異なりますので、確認してください。

 婚姻要件具備証明書の発行制度自体をしていない国もありますので、代わりとなる書類(例:宣誓書)を提出することが必要となります。
 代わりの書類を提出した場合には、役所側が婚姻成立要件を満たしているのかの判断に困り、預かり状態として法務局(法務省)の判断を待つ「受理照会」がなされ、受理までに1~3か月待つことがありますのでご注意ください

書類がそろったら(日本での手続きをメインとする場合)

 必要書類とともに婚姻届を役所に提出しましょう。
 受理されると、日本で2人の婚姻は認められたことになります。

 次は、相手の国でも婚姻を認めてもらいましょう。
 その手続きをするために、日本で受理された婚姻届があることを役所に証明してもらう「婚姻届受理証明書」をもらってください。
 その後、相手の国の大使館もしくは領事館で婚姻届受理証明書などの必要書類を提出し受理されると相手の国においても婚姻が認められることになります。
 これで晴れて2人は国際結婚したことになります。

 上記の内容は相手の国によって異なることがありますので、事前に何が必要なのかを問い合わせておくことが重要です。

配偶者ビザについて

日本人と結婚した外国人や、日本人の子として出生した人、もしくは日本人の特別養子縁組をした子が日本に滞在するためには日本人の配偶者等ビザを取得します。

既にほかの在留資格で滞在中の外国人の場合、日本人と結婚したからと言って日本人の配偶者等ビザへの変更をする必要はありません。現在の在留資格の活動を引き続き行うという条件でその在留資格を更新し続ければ問題ありません。

ただ、日本人の配偶者等ビザでは、就労活動の制限はありませんし、他の在留資格より永住許可は取りやすくなります。
配偶者ビザの取得には、相手の国で婚姻が認められた際に発行してもらえる「婚姻届受理証明」が必要書類となりますので大切に保管してください(在留資格の取得が必要な方の国が発行したものが必要となります)。

また、日本人の配偶者ビザでの在留資格取得後に離婚、死別してしまった場合には14日以内に入国管理局への届け出をしなければなりません。その後正当な理由もなしに6か月以上日本にそのまま滞在したら在留資格の取り消しとなる可能性があります。死別などが生じたら早めに入国管理局へお問い合わせください。

国際結婚・配偶者ビザ取得手続きの流れ(当事務所にご依頼頂いた場合の手続きの流れ)

配偶者ビザ・結婚ビザを取得して日本で暮らすためには、それぞれの国や状況に応じて多少の違いはあるものの概ね以下の流れになります。

①国際結婚手続きの書類準備

②婚姻手続き(日本とその方の国の両方で手続きを行う)

③ビザ手続きの書類準備(現在お持ちのビザで在住されるのか新たに取得されるのかをヒアリングの上決めていただきます。

④当事務所で申請用紙に記入後、必要種類とともに日本国内の入国管理局にご提出いたします。そのご入国管理局での審査となります。この期間は1か月から3か月程度

⑤ビザの許可、不許可の判断結果の受領

⑥在留許可取得後は日本国内で通常通り生活していただけます。

⑦ここで今回のご依頼は終了となりますが、その後困ったことがありましたら何なりとご相談ください。

※当事務所にご依頼された場合はお客様が今どの段階にいるのかを明確にしながら入念にヒアリングをして手続きを進めていきます。また配偶者が日本人ということであればご自身でもできることもあります。このページを含め様々な有益な情報を集めて手続きを進めてください。

取扱業務一覧

TEL 06-7878-6344 受付時間11:00~23:00(月~金)(完全予約制 )
土曜11:00~20:00まで(完全予約制)

PAGETOP
Copyright © 南本町行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.