マーケティングの目的とは、オーストリア出身の経営学者である、ピーター・ドラッカー氏によると、販売を不要にすることであるとしています。

顧客のニーズを的確に把握しそれに応じた商品やサービスを適正な価格で販売する、そうすることでこちらから積極的に営業をしなくても売れるというわけです。

営業の手法でニーズを作るというものがあります。決めかねているお客様に最後、背中を押して上げる、例えば、宝石にの販売で、現在必要のないものと言われた場合に、将来価値が上がるから、将来の花嫁に上げるための原石を買っておくなど、そのお客様の視点を広げてさしあげて、販売するというものです。

これはよく見られる光景です。これを営業前のマーケティングによってここもお客様の方で気がつくことができるようにすることも可能だということです。

良い製品であれば、お客様はほしいと思うはずです。しかし、知れ渡っていないのであれば購入のしようがない、そこでうまく広告をだす、マーケティングはココに力をいれがちです。

弊所では、広告はもちろんですが、その前段階の商品開発の段階、この段階から、市場を捉えほんとにお客様に必要なものを適切な量でご提供する、そんな展開をコンサルティング致します。

ここがぐらついていると仮に広告がうまく行ったとしても、すぐに沈没します。

ここを盤石なものとして、進めていきその上で適切なタイミングでの広告です。

西本