コンビニには手ぶらで行き、飲み物や食べ物を買い、袋に入れてもらって帰るというのが定番でしたが、7月からはレジ袋が有料になります。

袋の売値は各事業者にゆだねられているようです。

では、なぜレジ袋が有料化になったのでしょうか。
レジ袋の主な原料であるプラスチックは社会に浸透し、市民生活の利便性に貢献してきました。
ただ、資源・廃棄物制約や海洋ごみ問題、地球温暖化といった、地球規模の課題が深刻になっています。
この課題を解決するために、プラスチックの過剰な使用の抑制を進めていくことが必要です。その一環として、プラスチック製買物袋の有料化を通じて消費者のライフスタイルを変えることを求めることにしたのです。

そこで、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法 律」(以下、容器包装リサイクル法という)の枠組みを基本とし、令和元年12 月 27 日、 「小売業に属する事業を行う者の容器包装の使用の合理化による容器包装廃棄物の排出の抑制の促進に関する判断の基準となるべき事項を定める省令」が改正されました。
これにより、小売業に属する事業を行う事業者は、商品の販売に際して、消費者がその商品の持ち運びに利用するプラスチック製買物袋(いわゆるレジ袋)を有料で提供しましょう、となったのです。

ただ、 ①プラスチックの フィルムの厚さが 50マイクロメートル以上のもの(再利用が可能なため)、②海洋生分解性プラスチックの 配合率が100%のもの(微生物によって分解が可能であるため)、③バイオマス素材の配合率が 25%以上のもの(CO2の総量を変えない素材のため)、は法令に基づく有料化の対象とはならないようです。
紙袋はそもそも法令の対象外です。

プラスチック製袋は微生物による分解が難しく、海洋などに残ってしまい生態系を破壊するなど、環境問題となっているため有料化することは致し方ないかもしれません。
服などの衣料品を購入してもそれを持って帰るために袋が必要となると、有料化となってしまいます。どれぐらいの値段になるのでしょうかね。大袋は10円ほどとられるのでしょうか。

エコバックを常に持ち歩くことになりますね。

大野