何かをスタートするとき、たとえば事業を立ち上げたり・グループ活動を開始したりした場合、商品もなく、認知度もないため手探りで作業を進めていくと思います。

手探りで作業を進め、システムや地位を構築していく過程は苦労が多い反面、やりがいなどがあり楽しいものです。
その成長過程は、関係者などにとっては「ともに成長している」「わしがあの会社・グループを育てた」などといった興味・関心をひく対象となりえます。

でもどうでしょう。
何かをやり遂げるとき、その成長過程がものすごく楽しく、やり遂げてしまった時の喪失感・虚脱感がこみ上げてきませんか。
悪く言えば、「飽きてしまう」ということです。

これは、システムが構築されてしまうと毎日同じ作業の繰り返しとなってしまうことから「刺激」がないためだと思います。

この「飽き」は本人だけでなく、関係者にも生じえます。
事業でいえば、新たな商品を開発できない、社長が退任したことを発端とした飽き
グループ活動でいえば、特定の人物の脱退を発端とした飽き
などが考えられます。

関係者の飽きは事業・グループ活動を継続していくうえで避けなければなりません。
なぜなら、顧客があって継続が可能なのですから。
成長過程を知っている関係者であれば、「信者」として何があっても飽きずについてきてくれる可能性はありますが、その数は決して多いとは思いません。

反対に言えば、飽きがあっても事業・グループ活動を継続させていくためにはどれだけ「信者」をたくさん獲得することができるかにかかっているとも言えます。
地位の確立ですね。どれだけ大御所になれるかにかかっています。

信者の獲得・地位の確立ができないのであれば、顧客を飽きさせないことを継続し続けるしか生き残る道はありません。

そのため、本人・関係者どちらにとっても刺激ある活動をし続けることが大切だと思います。
新たな事業を考える、新たなグループを作ってみるなどです。
「新たに」を継続することで、さらなる成長を促すことができるので、単純作業の繰り返しを回避することができ、関係者には興味をひき続けることになります。

でも、その「新たに」を考えるのが大変なんですよね。

大野