新型コロナウイルスが日本で猛威をふるいはじめて早6か月近く

一時はマスクや消毒液が街から消えましたが、今となっては買いたいときに買える状況になっています。

マスクが街から消えたとき、政府は布製のマスクを2枚配布することを決定しました。
その費用は、260億円とも466億円とも言われています。

私の家にもつい最近、アベノマスクが届きました。
なんか感動しちゃいましたね。
これがアベノマスクかと。

安倍総理がマスクを着けている姿がなんとも愛らしくて。

ただ、「今頃。」というのが実感ですね。
マスクが普通に買えるので不要な方が多いでしょう。

そのため、アベノマスク回収ボックスなるものも出ているそう。
捨てるのではなく寄付してもらい、有効活用しようということです。
寄付してくれた方には食券などがもらえるところもあるんだとか。

マスクがなかった時に届いていればよかったのですが、今となってはムダ金を使ったといわれても仕方ない。
260億円を国民に現金で分配した方がよかったのかもしれません。

すぐにマスクが届かなかった、届いた時には普通にマスクが買えるという結果論の話ではありますが。

まだアベノマスクが届いていない方、既に届いた方、捨てるのではなく回収ボックスに入れて有効活用してもらいましょう。
第2波・3波が考えられますので、その時のために保管しておくのもアリです。

政策を決定してから、実行までのスピード感ってやはり大切なんですよね。
難しいとは思いますけど。

大野