帰化というのは、端的には国籍を取得することをいいます。例えば、日本に住む外国籍の方がある一定の要件を満たせば、日本国籍を取得し以後は日本人として生活していくということができます。

ということは、日本人が外国籍を取得してその外国で生活していくことはできるのでしょうか?

もちろんできます。

しかし、その後その外国籍を取得したものの、やはり日本に帰って来たい、日本人として生活したいという場合はどうすれば良いのでしょうか?

これは、簡単ではありませんが、可能です。もちろん国籍を取ったり捨てたりすることになるので何度も何度も短い期間でやりたい放題にはいきません。その意味では簡単ではないでしょう。しかし可能です。

弊所にはこの業務に精通したスタッフが常駐していますので詳しくは「日本国籍の再取得」というページをご覧いただきたいのですが、要は今現在は外国人なのですから、まずはビザの取得から始めます。

日本に来るためには旅行でもない限り基本的にはビザが必要になります。もちろん現在はコロナが猛威を振るっていますから制限がかかっていますので、今すぐにということは今年に限ってはできません。

しかしこれがいったん落ち着き渡航がある程度できるようになればまずは日本のビザの取得をします。これは在留資格認定証明が必要になりますから日本の出入国管理局に必要書類を提出することになります。

その後、お住まいの国の日本領事館で査証申請手続きを行い、日本に来ます。その後滞在中に日本国籍を取得するための帰化申請を法務省管轄で行っていきます。

帰化が許可されたらそこからはれて日本人として日本で生活できます。

申請時のご年齢にもよりますが、提出書類は比較的多く、外国にお住まいであった場合その国での活動していたのですからその証明書も必要になりますし翻訳作業も必要です。

大変な面もありますが可能ですので気になった方はお問い合わせください。

西本