あちこちで監視されている時代。
人にも監視されていますが、監視と聞けば防犯カメラがメインでしょう。

テレビのニュースで流れる防犯カメラの犯罪映像は粗いイメージがあります。
しかし、現在の技術の発達はものすごいですよ。
ある会社の防犯カメラを見させていただく機会があったのですが、ものすごく鮮明に映像が記録されていました。
個々の性能によるとは思いますが、防犯カメラの中にはスマホで何を見ているのかまではっきりとわかるものもあると聞きます。
となると、防犯カメラに写っている人がどのような仕草をしたのか、何を手にしたのかまではっきりとわかるということになりますね。
昔の防犯カメラは、映像は粗いものの「カメラがあるからやめておこう」と思わせる抑止力があるのか、ないのか微妙なものでしたが、現在では映像に写ればほぼアウトなまでの鮮明さですから抑止力としては強いでしょう。
ただ、カメラがあるのかないのか気付かない・カメラがあっても関係ないと思う人には抑止力にはならないと思いますが。

家から一歩出れば、監視の社会ですから、少し上を見ながら歩いてみてください、多くのカメラがついてると思います。
治安を守るためにも必要ですが、監視監視と思いながら生きるのもつらいものです。

大野