スポーツ選手を除けば、有名人としてあげられる人の名前はテレビに出ている人が多かったと思います。
しかし、現在では、youtuberと呼ばれる方のほうが有名人として認識されている傾向にあります。
そして、テレビで活躍している方がyoutuberとして活動を開始したというニュースをよく目にします。
これはテレビの価値が下がってきているのでしょうか。
確かに私自身もテレビは見なくなっています。
ただ、昔は、テレビに出ることが売れっ子の定義とされていたように思います。
新聞などの紙媒体→テレビなどの動画媒体、と進化を遂げていましたが、今はyoutubeなどの配信動画媒体が強くなっています。
現在ではどの媒体が一番影響力が強いのでしょう。
やはり、通信機器が発達した現代では配信動画媒体でしょうか。
テレビが中心だった時代は個人として情報を収集できる機会が少なかったので、テレビの情報が一応確かなものとして絶対的なものでしたが、現在は一人一人がマスコミなどを批判できるまでの情報収集能力を有しています。
技術の発達により、個人としての能力を存分に発揮できるまでの情報収集が可能となっているのでしょう。
ただ、忘れてはならないのは、個人として動画を配信するにしても「やったことに対する責任」があるということです。
ただの一般人であっても「有名人」っぽく扱われ、有名人が「一般人」が行っているコンテンツに動画を配信している。
一般人と有名人の垣根が少し崩壊してきていますね。
時代の流れって面白いですね。今後はどうなるのでしょうか。

大野