受験された皆様。いかがでしたでしょうか。令和元年度では、受験者は39821人と前年より716人増。合格者は4571人と前年より397人減と実に8.0%減少しました。

合格率は11.5%という結果になりました。前年度12.7%より比べるとこちらも下がりました。

ここ2年の試験は特に思考力重視の傾向が続いており、合格率も以前の10%前後に落ちつくことが予想されます。

難易度としてはある程度上がっていくことを見越して記述式の学習は必須となるでしょう。

法令択一の学習と同時並行で記述式の学習も取り入れていってください。

考え方としては、記述式抜きで180点以上取ることを目標にはしますが、記述式は記述式で60点中40点以上を取ることを目標にしてください。

記述式には必ず助けられるはずです。法令択一の勉強法については、解答の理由が言えるまで解く。なんとなく正解したものは間違いと判断する。このように正確な知識、確実な知識を身につけるよう心がけてください。

さて、当事務所では今回の受験に際して、8名の方の個別指導を行いました。合格率などの情報は、すべての結果が出ましたらご報告致します。

いずれにせよ、本年度の受験まで待ったなしの約10ヶ月です。出来ることは限られています。しかし、学習の方向性を間違えなければ必ず合格出来る試験です。今年残念だった方は、気持ちを奮い立たせて再度前に向かってください。

今がすべてではありません。この状況は長くは続きません。未来は必ず変わります。変わった後に笑い話になれば何の問題もありません。

皆さまのチャレンジを南本町行政書士事務所は応援します。

南本町行政書士事務所スタッフ一同