憲法上表現の自由が保障されています(憲法21条1項)。

路上ライブはその意味である種の表現と言うことになります。

よってこれは保障されることになります。

もっとも、ライブの歌を聴きたくない人もいます。その道を通る場合には強制的に聴かされてしまいます。

この聴きたくない自由は保障されないのでしょうか?

そもそも憲法の人権は無制限に保障されていません。表現とは外部的な効果がある行為ですから、当然これを見たり聞いたりする人はいるわけです。

そこでこれらの人の迷惑にならない範囲で保障しますと、これを公共の福祉による制限と言います。

路上ライブで言うと、時間帯、歌の内容、音量、場所などを検討し、ここでこの時間帯、このくらいの音量でこの内容の歌を歌ってもあまり迷惑とは言えないなと客観的に考えられるなら、路上ライブをしている人の表現の自由は守られますが、そうでないなら守られません。

あなたのライブは守られますか?

西本