契約書を作成しておいて損になることはあるでしょうか?

費用や労力といったことはありますが、その他で損になることはありません。

そのような場合こそ、当事務所にご相談ください。どうすればお互いの関係性を崩さずに契約書作成に協力してもらえるのかを経験を基にご一緒に考えたいと思います。

そもそも何のために契約書を交わすのでしょうか?日本では、契約の対象物を現実に引き渡さないと成立しない要物契約という種類以外は口約束でもきちんとした契約になります(民法176条)。

しかし、口約束では記憶は時間とともにあいまいになります。その時に、後から、お互いのしてほしいこと、折り合いをつけたことをきちんと証明するための手段として

契約書を作成するのです。つまり誠実だからこそ作成するのです。

関係性を壊したくないしかし、後から記憶があいまいになるということもあり得る、だからこそ契約書を作成しておくことで安心して約束を果たせるというものです。

西本