日本人は無宗教という認識があります。しかし、クリスマスは祝い、お正月には初詣に行きます。しかもすごく人がたくさん集まる神社に大晦日の夜に行く人もたくさんいるという人種です。

バレンタインには義理チョコ問題に頭を悩ませ、子供の名前には有名なお坊さんに名付けてもらったり、お葬式はお寺に依頼し、結婚式は西洋式、しかし、宗教は何を信じているかと尋ねたら、別に、と言います。

多面性、多様性を受け入れたかと思えば、会社の中では派閥があったりします。

日本は国家神道で国を統率し、戦争に向かった経緯があるため憲法上は政教分離が規定されています。

国家が特定の宗教に肩入れすることは認めていないため、国民は宗教を怖いものだと思う傾向にあります。

そういう背景もあるから無宗教というんでしょうが、アメリカ支配もあったため西洋文化の影響も強く今に至るためこのような状況に至っています。

個人的には国境を越えて良いものは良いと思いますから、様々な宗教的行事を取り入れることには賛成です。

これからもっと取り入れていくべきと思います。

西本