外国人を雇用するためには日本人と異なる手続きを踏まなければなりません。

まず、雇用したい場合には募集を自ら行うか、エージェントを使うかで費用が異なります。当然自分で探す方が費用はかかりませんが、身元が心配といった問題はあるでしょう。エージェントを使った方が身元については安心でしょう。

次に、その外国人が現在日本で「就労ビザ」または働きことのできるビザ以外で滞在しているビザは就労ビザまたは働くことが出来るビザに切り替える必要があります。

この手続きは雇う側の企業の協力が不可欠です。

現在海外にいらっしゃる場合には当然、就労ビザか働くことのできるビザの取得をする必要があります。

就労ビザ以外に日本で働くことができるビザとしては以下のようなものがあります。

永住権、配偶者が日本国籍保持者などです。

よって、このような特殊な事情でもない限り就労ビザを取ることになるでしょう。

雇いたい人が決まったら次は雇用契約書をきちんと交わしてください。もちろん本人が読めないといけませんから翻訳することも必要です。

そして就労ビザを取得して、とりあえずは働くことはできます。

入社段階で手続きは必要ありませんが、入社が決まったら次に労災、雇用保険、健康保険、厚生年金の手続きを行います。この辺りは日本国籍の方を雇う場合と同じです。また社員の家族も日本に滞在しており、適用条件が満たされれば被扶養者として提出が可能です。海外にいる相手を、日本に呼んで働いてもらう場合のケースでは、在留資格を取得することが第一目標になります。

西本