B to Cビジネス(企業とお客様間のお取引)でお客様側を保護するための法律です。

お客様はその目の前の商品やサービスについて知識がないことがほとんどです。

その商品やサービスの内容、特に何らかの情報商材を購入する場合にはそのリスク、効果は出来る限り把握しておく必要があります。

しかし、そのような情報を知らされないまま契約締結に至ってしまったら、大損をすることになります。

不動産であれば宅建業法によりクーリングオフや不利益事実の告知義務などの縛りがあります。その他の特別法で規定がない場合には、消費者契約法4条2項により不利益事実の不告知での契約は取り消し対象となります。

西本