もうすぐ行政書士試験ですね。
行政書士試験に合格すると、行政書士に登録できる資格を有することになります。
私は行政書士です、と名乗るためには行政書士会に登録をしなければなりません。

行政書士になっても仕事が来るかわからない、なら、他の資格も取得しようという方がいます。
確かにできることが増えることは「強み」でしかありません。
ただ、これから行政書士を目指す人にはダブルライセンス云々を考えるよりもまず行政書士試験に合格することだけを考えてもらいたいと思います。
これはなぜかというと、税理士さんだろうと司法書士さんだろうと社会保険労務士さんだろうと行政書士だろうとその仕事ができなければ依頼者様は依頼に来てはくれないからです。
そして、士業の仕事はほとんどが「事象が起こった後」に依頼されることが多いです。ですので、初めは不安かもしれませんが「事象が起こった」ところを見逃さなければ仕事はあるはずです。
なので、行政書士の資格だけでは不安だ、と思う必要はないと思いますし、不安だからダブルライセンスにするという考え方は不要かと私は考えます。
業務を遂行していくうえで、または将来を見据えたうえでダブルライセンスの必要性が出てきたのであれば、それは「その資格が必要」ということですから、その時になって資格を取得すればいいと私は思います。

行政書士試験を受験される方、ラストスパート頑張りましょう。    大野