昔の単なる棒グラフ、円グラフではなく、また単なるパワーポイントでもないデータをビジュアル化してわかりやすく美しく加工したものをデータビジュアライゼーションをと言います。今はデータビジュアライゼーションツールがあるので作りやすくなりました。

データの活用は販促をする上でも重要です。クライアント様にまずこのデータをご覧下さいとやってそれが見にくい、と言いますか、わかりにくい、そのデータ上のルールがそもそもわかりにくかった場合、クライアントはうんざりしてしまいます。

逆にデータを見たらすぐに理解できるほどまとめられているとどうでしょうか?クライアントのために動くということは当たり前ですが、守るということです。守るということは余計な手間をかけさせないということでもありますから、このような工夫は必要です。

西本