ユーチューバーの方々のご活躍が大変なものとなっています。事務所に所属されている方もいらっしゃいますが、そうでない方の場合、ご自身の権利を守ることはなかなか難しいのが現実です。

そこで、まずはご自身の投稿している動画のパフォーマンスが著作物として保護される対象なのかどうか。それを権利化しておき取引する場合どのような手続きを踏めば良いのかといったご相談が増えたため、業務として追加することに決まりました。表現者の皆様方、是非一度ご相談にいらしてください。

南本町行政書士事務所