日本に在住する外国人の方は、必ず何かしらの在留資格を有しています。
これは、入管法2条の2において、在留資格を有していることが日本に留まる要件とされているためです。
そして、在留資格はそれぞれ活動内容が決まっています。
ただ単に日本に来て働きたいというだけでは、移民を受け入れていない現在の日本においては在留資格を取得することができません。
在留資格は活動内容が類型化されているため、付与された活動外のことをしてしまうと最悪の場合、日本を強制退去されることがあります。
苦労して取得した在留資格をはく奪されることは避けたいですよね。
そのため、現在付与されている在留資格を「変更」するか、「資格外活動」の許可を得る必要があります。
在留資格を「変更」する際には、将来の見通しを立てておくことが非常に重要となりますので、早い段階での行動を心掛ける必要があります。
在留資格に関してお悩みの方は、お気軽にご相談ください。    大野