弊所は、行政書士事務所です。
行政書士試験に合格し、登録を済ませた者が開設した事務所です。
よく弁護士、司法書士、行政書士の違いがわからないという事を言われます。

今日はその違いをご説明します。

弁護士は法律事務の全般を手掛けます。法律的な交渉、裁判と行います。

紛争状態になっている場合は弁護士さんに依頼するのがよいでしょう。

司法書士さんは登記が主な仕事です。登記というのは家や土地を購入した際に必要になる「登記」をするのが主な業務です。

行政書士は「許認可」に関する書類作成、コンサルティング、調査が主な業務です。

許認可というのは相当数が多いのですが、弊所でも手掛けている「ビザ」の申請手続き、代理というのはまさに許認可ということになります。

ということは、依頼者様のしてほしいことによって専門家を使い分ける必要があるという事です。

 

もちろん、業務外のご依頼の時はどの士業も親切丁寧に適任者をご紹介してくれると思います。

ですので、何かお困りのことがあればまずはご相談してみるというのが解決には早いかもしれませんね。
                                    大野