誰かと争いとなった時、法律を用いて解決することがあると思います。
ただ、双方が譲歩して納得する妥協点を探すのがほとんどです。
「OO法にはこう書いてあるから、こちらの主張が正しい」などと主張することは最後の最後だと思います。
この段階までくると、弁護士さんに依頼して解決してもらうことが必要となる場合があります。
争いとなる前段階として行政書士がお手伝いさせていただくことがあります。それは契約書の作成に携わることです。
これは後々に「言った言わない」という争いを防ぐ「予防法務」といわれる仕事に分類されます。
契約書を正確に作成しておくことで、万が一争いとなった時に迅速に妥協点を探し出せることにもつながるので弊所では契約書の作成をおすすめしています。
 大野