本年度の行政書士試験は民法改正前最終の年となりました。受験予定の方は思い残すことなく全力で立ち向かってほしいと思います。直前期の学習方法について、効果のある方法を一つご紹介したいと思います。市販の過去問集で学習される際、正答率60%以上のモノだけを解いていってください。これをすることで本番で問題を見たときに難易度がわかるようになります。難易度がわかることで本番で解くべき問題、飛ばすべき問題の区別がつきますから、時間のロスがなくなります。行政書士試験は6割取れば受かるので、4割は捨ててもいいと考えた方が合格率は高くなります。取れる問題を確実に取る。これが最も効果的な学習方法です。  西本