コロナの影響により、雇止め、契約打ち切り、派遣切り、リストラに遭われた方が、弁護士やハローワークへのご相談をするというケースが非常に増えています。
今回、不運にもそのような状況になってしまったという場合であっても、国の補助金や生活保護の申請、税金の猶予といった対策がいくつか用意されています。

再起をのためにも現在必要な国からの支援を受けられるだけ受けてみて、その上で次の勤務先を探す、もしくは起業する必要があります。
そこで、
1,今現在勤務されているが、いつ雇止め、リストラ、派遣切り等に遭うかもしれないというご不安のある方
2,すでに雇止め等に遭い次の勤務先を探されている方
これらの方々に雇用契約書、派遣契約書等の労働に関する契約書のチェックを弊所でさせていただき、契約書の中でご自身にとって有利、不利と思われる点をご指摘させていただきます。ただ指摘させていただくわけではなく今後契約の知識を持っておくことがコロナ不況を生き残るための一助となることから、「どう不利なのか」「改善するためにどのように事業者と話せばよいか」いったアドバイスをさせていただきます。

来所は不要、秘密は行政書士法により厳守致します。ご安心ください。

ご依頼の流れ

1,まずお問い合わせフォームから雇用契約書等のリーガルチェック希望というタイトルで送信をお願いします。その際にチェックを希望される契約書を添付してください。
2,料金は難易度問わず24.200円です。お振込み先をお知らせいたしますので、期日までにご入金をお願いします。
3,リーガルチェックを開始します。混み具合にもよりますが概ね1日~2日でチェックは完了します。納品日のご希望のある場合には最初にお知らせいただきますと、考慮いたします。
4,チェックさせていただきました内容をメール等でお知らせいたします。この際に、何がどう有利、不利かをメール等に記載させていただきますので、ご質問や疑問点などありましたらお教えください。
5,完了