商標権は登録申請前後を問わず、権利者を移転できます。

登録申請が完了した後の権利者の移転については特許庁への移転登録申請を行う必要があります。

移転登録は、譲渡する側、される側の両者がそろって申請することになるのが原則です。

ただ、一定の書面を特許庁へ提出することで譲渡する側か譲渡される側だけのどちらか一方だけで申請することも可能です。

特許庁に提出する移転登録申請書には、商標権が移転したことを証明する書類(譲渡証書等)を添付することが求められます。

譲渡される側だけで申請する場合には譲渡証書の他、譲渡する側が承知したことを示す単独申請承諾書も必要になります。

これらの手続きの代行を当事務所が行います。商標権移転をお考えの場合には是非当事務所にお問い合わせください。