業務委託契約書・売買契約書・利用規約・NDA・OEM・フランチャイズ契約書・ライセンス契約書・権利譲渡契約書・離婚協議書・金銭消費貸借契約書・合意書・誓約書など、様々な書類があります。

書類を作成する法的知識を持った職業は複数あります。
弁護士・司法書士・弁理士・社会保険労務士・税理士・行政書士など。

法的知識を持った職業であっても、書類作成に関して得手不得手なものがあります(法律上の制限で作成できないものもあります)。
数多くある書類の中ですべてを専門とすることは難しいですから、契約書作成を専門にしている方、利用規約を専門にしている方がいるのは仕方ありません。

しかし、得手不得手は依頼者にとってはわからないものです。
いざ依頼しようと考えた際、誰に依頼すればよいのかと悩むものです。
多くの情報が存在している中でどのような書類を誰に依頼すれば「良い書類」を作成してもらえるか、というのは大変難しい問題です。
評価が良い方・専門にしている方・ベテランの方、など人それぞれに基準をもって判断し、依頼されているかと思います。

専門職としてお金をいただいてお仕事をさせていただいておりますので、クオリティーを求められるのは当然です。
しかし、専門職においても得手不得手があるのも事実です。
そのため、想像していたものと違った・これでよいのか少し不安が残る、場合もありうるとおもいます。
修正を依頼して修正してもらうことも可能でしょう。ただ、それが複数回にわたると「これ以上お願いするもの失礼に当たるのでは」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、当事務所はこれまで手掛けてきた契約書の作成やリーガルチェックのノウハウを生かし、第三者の立場として書類の確認をさせていただくサービスをご提供しようと考えます。
セカンドリーガルチェックと銘打ちますが、そのようなお問い合わせを数多くいただいております。

ぜひご活用ください。

こんな方はご相談ください

・専門家に書類を作成してもらったが、これでよいのか確認してほしい
  →リスクや不利な点、矛盾、不備などがないかのチェック

・専門家に作成してもらった書類が満足できないので、修正してほしい
  →ご要望に合わせた条項の追加の検討

・作成してもらった書類には満足しているが、説明がわからなかったので、噛み砕いて説明してほしい
  →専門用語等、できるだけかみ砕いてご説明します

・多角的に意見を聞いてみたい
  →疑問に思っていること、どのような書類にしたいのかおっしゃってください

・せっかく書類を作成してもらったのに専門家に意見を言うのは気が引ける
  →書類作成者本人ではないので、疑問点をぶつけてください
  →当事務所の意見を書類作成者にフィードバックすることで、メリット・デメリットを説明してもらえるきっかけにもなります。

各個人・各企業において求めるものは違います。多角的な意見を参考にし検討を行うことで、最善の書類が完成すると思っております。

ご依頼の流れ

1,カウンセリング。契約書等の修正をご希望の場合にはお立場をお教えください(業務委託者側、受託者側、被害側、加害者側など)

2,納期

3,織り込んでほしいご要望(リーガルチェックの場合にはその契約書を作成した方)

4,作成、リーガルチェック

5,納品

リーガルチェックはメールやチャットワークで行いますので全てウェブ上で完結します。修正もご納得されるまで追加料金なしで何度でも無制限に致します。
厳しい守秘義務がありますので個人情報が外部に漏れることはありません。ご安心ください。